FC2ブログ

スペインのおすすめクッキーやさんとスーパーの格安クッキーとおじさん

2017.11.22.21:12

DSC_3344_Fotor.jpg

1ユーロで買えるクッキーが美味しい。
日本でいうところの100円。税込み。
飾りっけない長細いパッケージに整列したクッキーがぎっしり入っている。

2週に1度は必ず買ってるかな~。

シンプルな、卵、バター、小麦粉の、飽きない味。

(´∀`*) < これ美味しいから好きなんだよね〜。

と、ある日お店のおじさんに話した。

このお店は、近所の小さな食料品店(?)というのかな。

日本でいうところのコンビニではなく、スーパーでもなく、
個人経営の、小さいけど日常使う食品や日用品を売ってるのね。


次の週、本当は板チョコを買いに行ったんだけど、


(゚∀゚) < クッキー入荷しといたよ!大量にね!もういつ来ても無くなることはないよ!!


って自慢気に言われて、クッキーコーナーを見に行くと

私のお気に入りクッキーだけ販売スペース大拡大&大量(°_°)

優しいおじさん、ありがとう。

いつもは一つしか買わないけど、今日はクッキーとチョコの2つ買いました。

いつも200円以下の買い物しかしないのに、
おじさん、いつも笑顔で私と雑談してくれる。
商売っ気がないから、すごく好き。

「こんにちは」、の後の「げんき?最近どう?」とか、

「またね、良い一日を」「素敵な週末を」、とか、

ほんのちょっとしたことだけど、

私が住んだり、訪れたりしたヨーロッパの国々ではごく普通のことだけど、

私はこうしたちょっとした会話がすごく好き。


日本ではこういうの、
長年住んでいる地元か、

大坂くらいちゃう?笑

あまり知らない人とは、気さくに話せない雰囲気がある。

お客さんと店員さんには特に、壁がある気がする。
スーパーで店員さんの 「こんにちは」、に無言の人がほとんど。

日本の店員さんってすごく笑顔ですごく丁寧に接してくれる人が多いのに。

職場や内輪では素敵な人なのに、ひとたび外でお客さんになると急に、
マナー、言葉使い、態度、が悪くなる人を見て、びっくりしたことも何度かある。


日本では、人は、一人の個性ある人としてではなく、

お店では、お客さん、店員さん、
家庭では、お母さん、お父さん、
学校や社会では、年下、年上、

ていうような枠に当てはめられて見られている気がする。

だから、その枠内では理想像があって、

それらしい振る舞いを求められたり、

これくらいしてもいいだろう、というような態度になったり、
するのかな。


お母さんが、みんな子育て上手で、家事をさっさとこなして、いつも優しいわけないし、

年上の人が、みんな賢くて、経験や知識が豊富で、偉そうにしていいわけないし。


みんな、一人ひとり違う人間として、自分も相手も見られたら、
もっと生きていくのが楽になるんじゃないかと思う。


大阪人は、ちょっとラテン系な気がする。笑


写真について:
大好きなチョコチップクッキー。
スペイン、バルセロナにあります。住所、辿ってみてください。
趣ある、とってもレトロな雰囲気が素敵な場所です。
このクッキーは、1枚1€以上しますが…
  _(:□ 」∠)_



↓よろしければボタン押してください♥
とっても励みになります♥↓


にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村


ヨーロッパランキング


関連記事
スポンサーサイト



最新記事
プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
うさぎみたいに軽くぴょんっと、国境も困難も飛び越えたい。理想と現実は違うけど、ヨーロッパの色んな国で、愛にぱっしょんに、跳ねまわっている。このふわふわの中身に気づいたら連絡くださいね。

カテゴリ
ご旅行前に、必見!
ランキング参加中
↓応援ボタンです↓
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる