FC2ブログ

鬱病経験者が海外でロックダウン2か月目。生き延びている5つの理由&コロナ撃退方法。

2020.04.27.09:37

ロックダウンされ2か月目に突入。だけど予想外に穏やかにステイホームできたなあと、振り返ってみて思います。昨年まで鬱病に苦しんでて、気分はジェットコースターで、とても心配性な、私が。自分が一番驚いてますが。コロナ期間をどうやり過ごしてるか、考えてみました。特に頑張ったことはゼロですが、これをしたから落ち込まずにやり過ごせたのかな、コロナの不安を軽減できたのかな、と思うことがあります。

1, 小さいことに感謝する。

そんなことかい、と思うんですが、一番はきっとこれです。私が毎日感謝してることは、まず、友達や家族がみんな今日も元気に生きてくれているという事実。食べ物が家にあることも、すでに大変有り難いこと。そうやって感謝できる心のゆとりがあることにも感謝です。というように感謝の無限ループにはまってしまいます。

2, ハッピーな気持ちをなるべく長く保つ。

嬉しいこと、面白いこと、楽しいこと、好きなことをやる。面白いことは思い出して何度も何度も笑う。ハッピーな気分と同時に落ち込むことは人間できないので、ハッピーを保てばマイナスな気分になる時間は勝手に減ります。
有り難いことに、YouTubeにはお笑い芸人さんのチャンネルが沢山あります。笑うことは最高の免疫力を高める方法だと言われているから、コロナ対策にはぴったり!

3, 玄関を片付け、コロナ撃退エリアを作る。

玄関を片付ければ、帰宅後、まだ洗っていない手や、除菌していない物が触れる場所をできる限り減らすことができます。玄関には除菌シート(なければ洗剤を薄めた水とキッチンペーパー。無いより気持ちマシ。)を置いて、外から持ち込んだ物を置く場所を決めておく。
帰宅したらまず、カギ、ケータイ、マスク、サングラス、アクセサリー、財布(外で触れたクレジットカードなども)、カバン等を玄関の1ヶ所に置く。それらを全て除菌シートなどで拭く。除菌と手洗いを済ませなければ、ケータイなどを玄関から動かさないシステムにしてしまう。こうすることで、万一外からウイルスが物に付いて入ってきても、玄関で撃退できるわけです。
今までは帰宅後、カギは玄関、リビングにカバン、ケータイをテーブルに出し…とあちこちにウイルスがついているかもしれない物を置いてしまってました。そうすると除菌にも時間がかかるし、どれを除菌してないかわからなくなり、除菌を忘れる。なにより、物を置いた場所にもウイルスが付いているかも…とどんどん心配になるんです。
撃退エリアを作ったことで、帰宅後の行動がスムーズになり、心配も減り、お家時間がより快適になりました。

4,どれだけお家を快適にできるか、家で過ごす時間をどれだけ楽しめるか、チャレンジ。

ロックダウンして以来、週末にはご近所さん達がみんな窓やベランダのお掃除をされていて、ほほえましいです。週末の度に、今週末何する?より、どこ掃除する?という会話になっていました。お家を掃除すればするほど、快適になります。「うわ、汚い…」「掃除しなきゃ…」「なんで私がせなあかんねん…」というマイナスな気分を生まないのもポイント。笑
お家時間を、快適にダラダラと楽しめるよう、家具の配置などを見直すのも楽しいです。うちはビーズクッションを追加したり、お客さんが来なくなったので、普段は隠していた趣味の物をリビングへ移動させたりしました。
また、私はコロナ以前から「やりたいことリスト」「作りたい料理リスト」など、思い付いたことをケータイにメモする癖があったので、お家時間が急増したのをきっかけに、リストをどんどん実行し、更新しています。お陰でやることが尽きないです。

5, 外部と繋がっておくことで、安心感が増す。

離れて暮らす家族はもちろん、普段は用事がないと連絡しない友達にも、これを機に連絡してみる。「元気?コロナ大丈夫?」短くても、もらった側は嬉しいし、それをきっかけに近況や、不安な気持ちをオープンに話せば、相手も共感してくれて、オススメのお家活動を紹介し合ったり、楽しいお喋りになります。独りで不安やストレスに耐えようとすると、どんどん深みにはまってしまいがち。今は世界中みんなが同じような状況にいるので、みんなあなたの気持ちに共感してくれるはず。世界中の友達と励まし合ったりする時間が、私にはすごく救いになりました。インターネットのある時代に、感謝です。(1.へ戻る。)

今思いつくのはこんぐらいですが、また気づいたことを次回に書きます。参考にならんかもやけど、とりあえず、読んでる間たぶん悲しくて涙出た人はおらんと思います。コレです、コレを増やしていけば、コロナはやり過ごせます。
スポンサーサイト



最新記事
プロフィール

うさぎ

Author:うさぎ
うさぎみたいに軽くぴょんっと、国境も困難も飛び越えたい。理想と現実は違うけど、ヨーロッパの色んな国で、愛にぱっしょんに、跳ねまわっている。このふわふわの中身に気づいたら連絡くださいね。

カテゴリ
ご旅行前に、必見!
ランキング参加中
↓応援ボタンです↓
月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる